各種設定

line01
【神話関係】
■聖王リーヴ
 ローレッタ聖王国を建国した聖者。
 神託により大陸の人間を邪竜の支配から解き放った。
■ダフネ妃
 リーヴの妻となった女性。その絵姿は末裔のフェイスと瓜二つ。
■大公スヴェル
 神話の時代に活躍した軍師。
 リリエンソール家の祖先で初代聖王リーヴの弟。
 神弓シグルドリーヴァを操った弓の名手とも伝えられている。
■オルランド卿
 神話の時代に活躍した豪傑。
 ロザリー家の祖先にあたる元・剣闘士。
■ベオウルフ
 リーヴの幼馴染。初代アイリス国王。神剣スクルドを操った騎士。
 ローレッタ王家へ永遠の忠誠を誓ったと伝えられている。
■カーネリアン
 リーヴの幼馴染。初代シスル国王。神槍ゲイレルルを操った。
 戦後も隣接する帝国領を見張り続けた。
■古の魔女エリウ
 秘境に住まう伝説の大魔導士。マーリンたちの師。
 神雷スルーズを操ったとも伝えられる。
■ディムナ
 アンスリウム公爵家とハイドランジア王家の祖。
■邪竜ロキ
 聖王リーヴが仲間たちと共に封じたと言われている存在。
 神話の時代では大陸の支配者であった。
■軍神ハール
 リーヴに神託と宝珠を与えたと伝えられる神。氷竜族の長。
■女神アストレア
 神竜テミスから神格を引き継いだ正義と秩序の神。神竜族の一員。
■神竜テミス
 神竜族の一柱。娘のアストレアに神格を譲渡した後は詳細不明。
■ザカライア将軍
 マグノリア建国の将。飛竜を初めて軍用化した人物。
■賢者ケイロン
 ウィステリア地方に隠れ住む亜人種の賢者。
■レテ
 大公の奥方。神竜族の混血。夫亡きあとは孤独な余生を過ごした。
■レテの父親
 太古の昔に翠緑の勇者だった人間。邪神を封印している。
line01
【ローレッタの神器】
■月虹のレギンレイヴ
 軍神ハールより与えられた宝珠。十の神器を生み出したとされている。
 氷竜族の涙を固めて作られた。
■神光アルヴィト
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 聖王直系の神聖魔法を扱えるもののみが使用できる。
■聖杖ヘルヴォル
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 歴代聖王や神光アルヴィトと共に霊廟に祀られている。
■神弓シグルドリーヴァ
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 リリエンソール公爵領に封印されている。
■神剣スクルド
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 アイリス王国に封印されている。
■神槍ゲイレルル
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 シスル王国に封印されている。
■神雷スルーズ
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 古の魔女が管理・保存している。
■神炎フリスト
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 ハイドランジア王国に封印されている。
■神斧ランドグリーズ
 月虹のレギンレイヴから産み落とされた神器。
 マグノリア王国に封印されている。
■神氷ブリュンヒルド
 原作ゲーム未登場武器。
 名前以外の情報が一切残っていない神器。
 スヴェルの妻が操ったと伝えられている。
line01
【地名・施設】
■ローレッタ大陸
 シミュレーションRPG【月虹のレギンレイヴ】の舞台となる大陸。
■ローレッタ聖王国
 ローレッタ大陸南部に位置する大国。
 北方にリリエンソール渓谷、南方をロザリー要塞に護られている。
 王都はアヴァロン。
■リリエンソール渓谷
 ローレッタ聖王国における北部防衛の要。
 罠や伏兵・待ち伏せに向いている地形。
 近くには古代の遺跡が存在する。
■リリエンソール渓谷近くの遺跡
 神弓と神氷が封じられている地。罠床あり。
■ロザリー港・ストレリチア港
 ローレッタ聖王国の南方に位置するロザリー公爵領・ストレリチア伯爵領の港町。
■ロザリー要塞
 ローレッタ聖王国の南方に位置するロザリー公爵領に存在する要塞。
■アイリス王国
 ローレッタ大陸の南西にあるアイリス島南部に位置する国家。
 原作における主人公ルイスの故郷。緑豊かで穏やかな気候が特徴。
■シスル王国
 ローレッタ大陸北部に位置する国家。
 大陸最強の騎士団を有する。
 険しい山脈に囲まれ、冬は豪雪に包まれる地域。
■霊峰ガリア(雪山の祠)
 シスル王国にある大陸最高峰の雪山。
 山頂の祠には神器が眠っている。
■マグノリア王国
 ローレッタ大陸南東に位置する亜熱帯の国家。
 近隣の山々には飛竜と天馬が暮らしている。
■マグメル平原
 マグノリアの辺境にある地。
■ハイドランジア王国
 アイリス島北部に位置する国家。
 荒れ地や毒沼のある低湿地など生活がし辛い気候をもつ国。
■コナハト要塞
 アイリスとハイドランジア国境の森の中にある要塞。
■リンデン帝国
 邪竜を崇める竜族の国。
 人間も住んでいるが奴隷として扱われている。
■未踏の地ティルナノーグ
 死の砂漠を越えた先にある広大な地域。
 未だに踏破したものは存在しないとされる。
■迷いの森
 未踏の地ティルナノーグの入り口にあたる死の砂漠を越えた先に存在する森。
 古の魔女の住まう屋敷がある。
■アルカディア
 未踏の地ティルナノーグの奥地にある人間と亜人が共存する都市。
■ウィステリア地方
 ローレッタ大陸の東に位置する広大な草原。
 複数の遊牧民族が互いに均衡を保ちながら暮らしている。
■闘技場
 説明。
■セスルームニル
 会員制のお店。
 ドーピングアイテムや希少な武器を数量限定で販売している。
■セフィロトの大図書館
 説明。
line01
【魔物などの異種族】
■悪竜ニドヘグ
 エリアスが退治した悪しき竜族。
■イービルアイ
 邪眼という状態異常を巻き起こす攻撃をしてくる魔物。
■モーザドゥーグ
 オオカミの姿をした魔物。動きは素早いが防御は低い。
■トレント
 樹に擬態している魔物。炎の魔法に弱い。
■竜《ドラゴン》
 竜族が理性を失い、ただの獣になったもの。
■屍竜《ドラゴンゾンビ》
 終章にのみ登場する魔物。
■飛竜《ワイバーン》
 マグノリアに生息する猛獣。竜族とは異なる種族。
 居るだけで訓練されていない獣が逃げ出す。
■天馬《ペガサス》
 マグノリアに生息する獣。飛竜と相性がいい。
■合成獣《キメラ》
 帝国の魔女キルケが生み出したとされる異形の獣。
■ガーゴイル
 遺跡を護る石像。
■火竜族
 帝国に多く住まう一族。
■神竜族
 女神アストレアなどの一族。遠い昔にローレッタ大陸から去っている。
■氷竜族
 軍神ハールの一族。
 遠い昔にローレッタ大陸を去っているが、人間たちに多くの知恵や力を与えた。
■竜族(神格持ち)
 竜族のなかでも強い力と神格を持つ存在。
 決して死なず、完全に狂うこともできない。
line01
【レギンレイヴシリーズについて】
■月虹のレギンレイヴ
 この世界の原作にあたるシミュレーションRPG。バッドエンドも存在する。
 容量の関係で端折られた設定が多数存在する。コミカライズと小説版も存在するらしい。
■翠緑の抱擁《エンブレイス》
 エリアスが主人公を務める月虹のレギンレイヴのスピンオフ小説。
 勇者になるところからメレディスと結ばれるところまでの物語。
■レギンレイヴシリーズ
 一作目【月虹のレギンレイヴ】
 二作目【陽炎のレギンレイヴ】
 三作目【彗星のレギンレイヴ】
 四作目【氷花のレギンレイヴ】鬼畜難易度。
 五作目【月蝕のレギンレイヴ】
 六作目【天空のレギンレイヴ】
 七作目【旋風のレギンレイヴ】
 八作目【閃光のレギンレイヴ】
 九作目【レギンレイヴ・リコレクションズ】ソーシャルゲーム。
 十作目【漆黒のレギンレイヴ】エリアスたちは未プレイの最新作。
■シナリオライターの個人サイト
 レギンレイヴシリーズの原作者が運営していたサイト。
 本編や設定資料集に掲載されていない設定などが記載されていた。
■レギンレイヴァー
 レギンレイヴシリーズのプレイヤーのこと。
■黒谷《くろや》 累《るい》
 シナリオライターさん。愛称は『黒やん』。タグ(html)は手打ち派。
line01
【その他】
■ステータス
 レベル・HP・力・魔力・技・速さ・幸運・守備・魔防・移動・体格・武器熟練度などを指し示す言葉。
 この世界では一部兵種を除いて自分のステータスしか見ることができない。
 命中率は武器ごとの固定値+技%。
 回避率は速さ*3%+兵種ごとの補正。
 必殺率・必殺回避率は幸運%。
■ステータス限界値
 Lvは20、HPは50、それ以外は兵種により差異があるが最大で30が上限。
 武器熟練度はS・A・B・Cの四段階(Sに出来るのは一つだけ)。
■成長率
 レベルアップの際に固定でステータスがアップしない世界なので、各ステータスごとに設定されている数値。これがあるためにステータスがカンストしにくいシステムとなっている。
(例:戦士系は力が上がりやすいが魔力は上がりにくい等)
■ドーピング
 成長がへたれたキャラクターの救済などに希少で高価なアイテムを使用すること。
■設定資料集
 エリアスの持つ知識の出どころ。
 年表の他にもキャラクター設定や成長率、アイテム情報などいろいろ載っている書籍。
■竜族の理性崩壊
 説明。
■竜族と神格
 説明。
■帝国の皇帝家
 説明。
■氷竜族の文字
 ルーン文字似。ローレッタ文字の原型になっている。
■神竜族の文字
 ギリシャ文字似。
line01
【おまけ】
■キャシアスとアルテミシア
 彗星のレギンレイヴにおけるミシェル(男)とフェイスのポジションにあたる登場人物。
■ペルセウス
 別シリーズに登場したオニキス枠。仲間になったと思ったら終盤寝返る。
■鈴木
 エリアスの声帯をやっている人。
関連記事
スポンサーサイト



目次に戻る