08.『死ぬまで気持ちは変わりません』

 幸せで穏やかな時間というのはあまり長くは続かない。長い年月を沈黙していた帝国が突如として聖王国へと攻め入ってきたのだ。
 いや、突如というのは他から見てのことだろう。ぬるま湯につかり快楽を貪っていた貴族共は気が付かなかっただけで兆しはあった。

 宣戦布告がなされた直後に決まったはずのフェイス様の疎開は未だ実行されておらず、敵の本隊が近くまで迫ってきているというのに彼女は王都に居る。
 この状況だ。騎士団はあてに出来ないし、護衛の者たちも殆どがエルドレット陛下とグレアム殿下の護衛についているか、無責任にも役を辞してどこかへと逃げ去っている。
 俺は公爵家の私兵を引き連れ王宮に向かうと、フェイス様つきの女官に事のあらましとこれからの予定を簡潔に伝えた。
 事情を理解した女官は取り急ぎ侍女たちに支度を命じ、そう長くない時間の後にフェイス様との面会が叶った。

「フェイス様、これよりこの地を脱出いたします。私と他数名の護衛しか用意できなかったことが非常に心苦しいのですが、この命に代えても貴女様をお護りすると誓いましょう」

 頭を垂れ、臣下として騎士の立ち振る舞いをする。
 少し怯えているのだろうか。フェイス様は何かを諦めたかのような表情を見せていたのだが、俺と目があった途端にそのお顔に薄い笑みが浮かんだ。

 そして侍女から必要最低限の荷物を受け取ると、思い出したのかのようにフェイス様が何かを取るようにと侍女へ命じた。
 できるだけ急ぎこの地を離れたいので早く済ませて欲しいところだが、思っていたよりも早くフェイス様が所望したものがその手に収められる。
 凝った細工のなされたガラス容器に収められた赤い薔薇。宮廷魔術師たちが何かの薬剤で色形を保つ細工を施したのだろうそれは、彼女に捧げたときのまま時間が止まったかのようにその美しさを保っていた。

「さぁ、参りましょう」

 ダンスに誘った時と同じように差し出した手をフェイス様は迷うことなくとって下さる。
 あの時のように甘い夢のような時間であれば幸せだが、俺がこれから彼女を連れて行くのは予定していた疎開先ではなく、この大陸で唯一といってもいい味方の国だ。

 出来る限り人目を避けつつ王城を後にすると用意しておいた馬へ乗り込む。本来であれば馬車でお連れしたいところであるが目立つことは避けたいので、フェイス様には俺と相乗りしていただくことになる。
 腕の中の彼女を見るたびにこのまま二人、誰も俺たちのことを知らない場所へ逃げてしまいたい衝動に駆られるが、その気持ちを抑えながら港を目指す。しかしその道中、用意していた護衛は一人また一人と数を減らしていった。

「ミシェル、あの……私」
「フェイス様。それ以上は口にされてはいけません」

 人数が減るにつれ不安な気持ちが蘇るのか、家族の訃報を耳にしたからか、フェイス様は縋るような眼で俺を見てくるようになった。しかし俺たちの関係は、あくまでも主従なのだと言い聞かせる。
 聖王家の唯一の生き残りになるフェイス様は、いずれ指揮官として部下を切り捨てなければならない場面にも遭遇するだろう。余計な情を持てばいざというときに非情な判断を下すことができなくなる。

「さあ、海を越えればアイリス王国です。あの国であれば殿下のお力になってくれるはず」

 港町に辿り着いて間もなく俺たちは追われることとなってしまった。空き家にフェイス様を隠し、俺は敵の目を引き付けるため街の中へと飛び込んだ。使い慣れた弓と、もしもの時のためにと持ち歩いていた剣を携え港町を駆け回る。
 剣の心得がないわけではない。ただ単に弓のほうが得意だというだけだ。そもそも俺の一族は軍師のように頭を使うほうが得意なものばかりなので、ある程度安全かつ戦場を広く見渡すことができる後衛の弓兵や魔導士がほとんどだ。

 怒号が飛び交い幾つもの気配が俺を捕らえ、共に落ち延びたはずの王女の居所を聞き出そうと躍起になっている。
 敵の編成は殆どが賊崩れの傭兵だ。建物の隙間を縫うように走りながら順に射掛け数を減らすが、次から次へと湧いてくる。
 この港町について間もなく手に入れた情報が正しければ、もう間もなくアイリス王国の王子がこの地にやってくるはずだ。若く才能溢れる王子の手勢が間に合えば安心できる。

 一人二人と斃していったものの、やはり才の無さが祟ったのか接近を許した瞬間、俺の身体は肩から腹にかけて勢いよく切り裂かれた。

「フェイス様、ともに居られぬことをお許しください」

 断末魔代わりに呟きながら目を閉じる。騎士として主君を護り戦場で果てるのであれば本望かもしれない。
 主君より先に死ぬことも後に死ぬことも許されるべきではないが、遠く視界に映ったフェイス様がアイリス王国の王子に保護された姿を確認出来て気が緩んだのだろう。

 そして再び目を開いた時、目の前には大粒の涙を携えたフェイス様が居た。
関連記事
スポンサーサイト



目次に戻る